時間を置いて少しずつ摂取

ブルーベリーには目のための栄養と言われているルテインが多く含まれているので、毎日食べていると視力回復に効果的です。

 

ルテインは毎日6mgから10mgくらい摂取するのがよいとされていて、一日の必要量を補うためにはかなりの量のブルーベリーを食べなければいけません。

 

ルテインは水溶性なので、何粒もまとめて食べても体内に蓄積されず余計な分は水分と一緒に排出されてしまいます。そのため、効率よく摂取したいなら1時間ごとに何粒食べる、など自分でルールを決めて、継続的に少しずつ食べるのがおすすめです。

 

まとめて食べるよりも体への吸収率がよくなり、余計な分が排出されてしまう心配もないので栄養素を無駄にすることがありません。食べやすい量は10粒くらいなので、毎回食事のときに料理と一緒に食べたり、少量をスムージーやヨーグルトに混ぜたり、おやつのときや間食代わりに食べるなど工夫すると続けやすくなります。

果実の状態によって異なる

ブルーベリーは生の果実のほかに、丸ごと冷凍されているもの、ピューレやジャムになっているもの、粉末状、フリーズドライなどいろいろな形状の商品があります。

 

ルテインやポリフェノール、ビタミン類など栄養素の含有量は果実の状態によって差があるので、何粒食べればよいのかという基準も異なります。

 

生のブルーベリーをそのまま食べるなら、60gから300gくらいが好ましいので両手いっぱいの量が必要です。フリーズドライされたものや粉末になっているタイプなら20gくらいでじゅうぶんに栄養素を摂取できるので、スプーン1杯をシェイクやスムージーに混ぜれば視力回復や健康効果を期待できます。

 

ピューレ状やジャムに加工してあるブルーベリーなら40gから90gくらいで一日の摂取量をカバーできるので、ヨーグルトに混ぜるのがおすすめです。砂糖が入っている場合は糖分が多くなりすぎないように気をつけて続けましょう。

サプリメントは含有量に注目

生のブルーベリーは保存するのが難しかったり、季節によっては手に入らないこともあるので毎日続けていくのは大変です。

 

粉末や冷凍の商品でも自分で調理しないと食べにくいと感じてしまうなら、ブルーベリーのサプリメントを活用するのがおすすめです。

 

ルテインやポリフェノールの含有量が多いサプリメントならたった1粒でもじゅうぶんに栄養を摂取できて、毎日簡単に続けられます。

 

1粒あたりの含有量がそれほど多くないタイプのサプリメントを一日数回に分けて服用するのも効果的で、余分な栄養素が排出されることなくしっかり体内で吸収されて目がよくなったり肌がきれいになる効果が得られます。

 

サプリメントなら外出時や旅行の機会にも簡単に持ち運べるメリットがあり、誰でも無理なく続けられます。ほかの栄養素がプラスされていたり、マルチビタミンのようなタイプもあるので総合的な健康や美容のために役立てることができて便利です。