目に良いとされるルテインの効果

アイケアサプリによく含まれる成分にルテインがあります。

 

ルテインはカロチノイドの一種である黄色の天然色素であり、人の体に元々存在するものです。

 

アイケアサプリを飲むおすすめのタイミング

 

目の中の水晶体とよばれるレンズ部分やその奥にある黄斑に存在して目を守ってくれます。有害な青色の光や紫外線といったブルーライトを吸収する働きもありますので、有害な光線から目を保護する働きも期待できます。

 

現代人はブルーライトによって目をいためるケースが増えていますので、パソコンやスマートフォンの画面を見ることの多い人にとって非常に重要な成分です。

 

人の体に元々存在している成分ではありますが、年齢を重ねると共に徐々に減っていきます。減ると目の不調を感じることが多くなりますので、アイケアサプリによって外側から補うことを考えなければなりません。

 

緑黄色野菜や卵黄などにも含まれていますので食べ物から摂取することも可能ですが、コンスタントに摂取するにはサプリが便利です。

眼精疲労を素早く改善するアントシアニン

眼精疲労を素早く改善してくれる成分はアントシアニンです。ルテインも眼精疲労に効きますが、即効性はありませんので、すぐに効果を得たい時にはアントシアニンが利用されます。

 

こちらもアイケアサプリの成分として有名であり、ポリフェノールの一種である青紫色の天然色素です。

 

アントシアニンを含むポリフェノールは体内で作り出すことができませんので、食事やアイケアサプリなどで取り入れる必要があります。

 

目の中には光の信号を脳に伝達するためのたんぱく質であるロドプシンが存在し、分解・再合成を繰り返しています。

 

眼精疲労になるとロドプシンの再合成が遅れている状態であり、回復させるためには再合成を促さなければなりません。アントシアニンにはロドプシンの再合成を促す働きがありますので、摂取すると眼精疲労が改善されて視覚機能も良い状態へと変わります。

 

これらのことから、慢性的な眼精疲労に悩む人たちはルテインやアントシアニンが含まれるアイケアサプリを飲むことが多いようです。

アイケアサプリを飲むのに最適なタイミング

アントシアニン

 

アイケアサプリを取り入れる場合、含まれる成分によって飲むべきタイミングが異なります。

 

ルテインの場合には特に時間帯の指定はありませんが、効率良く吸収させるためには食後に飲むのが最適です。食後が良いのはルテインが脂に溶けるという特徴を持っているためであり、1日の摂取目安量を数回に分けて摂取すると更に効果が高まります。

 

アントシアニンの場合、飲んでから4時間くらい経つと効果が現れ始めますので、目を酷使する時間帯を考慮してタイミングを決めるのが良い方法です。ただし、効果は24時間持続されますので、どのタイミングで飲んでも一定の効果を感じることができます。より高い効果を感じられるのは目を使う4時間前ということです。

 

どちらも続けて飲むことでより安定した効果を引き出すことができますので、万が一飲み忘れてタイミングがずれてしまっても、飲まないよりは気付いた時に飲んでおいた方が良いようです。