ルテインの含有量を確認しましょう

アイケアサプリを選ぶポイント!

 

アイケアサプリの失敗しない選び方のポイントは、ルテインの含有量を確認することです。

 

ルテインの1日の摂取量は、6mgから10mgとなっています。これだけのルテイン量を摂取できれば目の機能の改善や眼病予防に繋がると言われています。
ルテインが最低でも6mg以上配合されているものを選ぶことが欠かせません。

 

これ以下の摂取量では、飲んでも効果を得ることは難しくなってしまい、おすすめすることはできません。

 

より高い効果を実感したいのであれば、ルテインのほかにもゼアキサンチン、アントシアニンが配合されているアイケアサプリであるかを確認することが大切です。
アイケアをしっかり行うなら、ルテインを摂取することが欠かせませんが、このほかにも吸収率をアップしてくれるゼアキサンチン、アントシアニンが配合されているアイケアサプリを選ぶといいでしょう。

 

これらは、ルテインと相性の良い成分となっており、高い効果を期待できます。

配合されている成分の確認が欠かせません

アイケアサプリに配合されているルテインの特徴として脂溶性である点が挙げられます。

 

脂溶性の成分は、溶けにくいという性質があり、吸収率も低いためルテインをきちんと吸収する成分を同時に摂取することが大切です。

 

ルテインと相性の良い成分といえば、ゼアキサンチンやアントシアニンです。

 

これらの成分は、ビルベリーなどに含まれていますが、ルテインと共に摂取することで吸収率をアップします。

 

しっかりと目の奥にまでルテインの成分を運ぶ役割を果たしてくれ目の健康を守ってくれます。

 

ルテインやゼアキサンチン、アントシアニンなどは食事からなどでも摂取することができますが、調理によって成分が阻害されえてしまったり十分な摂取量を実現できないこともあります。

 

そのため、確実にアイケア効果を実感したいのであれば、十分な摂取量が実現するアイケアサプリを選び進んで摂取することが大切です。

 

まずは、アイケアサプリに配合されている成分に注目し選ぶことをおすすめします。

安全性にも注目してみましょう

アイケアサプリは、毎日摂取することで効果を実感することができるので、コストにも注目して選ぶとストレスを感じることなく続けることができます。

 

継続して飲み続けても経済的な負担を感じることのないコストパフォーマンスの良いアイケアサプリを選ぶといいでしょう。

 

しかしながら、安いものを選べばいいというわけではありません。安くても効果をしっかりと実感することができなければ意味がありません。また、安全性の高いアイケアサプリを選ぶこともおすすめします。

 

毎日欠かさず摂取するものだからこそ、安全性の高いアイケアサプリを選ぶ必要があります。

 

栄養機能食品であるか、トクホであるかなどに注目してみると安全性の高いサプリメントを選ぶことができるでしょう。

 

また、成分の配合量や含有量のほか、製造方法なども購入前に確認してみることが大切です。

 

日本人の体に合うアイケアサプリを選ぶなら、国内製造のものを選ぶといいでしょう。

 

おすすめのルテインサプリはこちら